1. HOME
  2. ブログ
  3. 「山うにたこ焼き」に関して

「山うにたこ焼き」に関して

これは福井県鯖江市内の河和田地区で発祥した山うにを具材や素材などとして利用した、「山うにたこ焼き」に関しての内容になります。

タカノツメ・赤なんば・ゆず・塩を主原材料として作られる、古代の頃から存在している山岳部の河和田地区で作られてきた保存食の類になりますが、その味覚自体があの海のウニと同じようなものといった点で、このような名前をつけられてきたといった事情があります。

しかし、やはり鯖江市内や河和田地区においての過疎化の問題などもあって、次第に廃れたりしてきたといった事情もあり、それを憂えた地元の志ある多くの方から、様々なメニューやレシピ、食べ物などの形として開発・考案・設計などがされたりしてきた事もあり、その中でこの山うにたこ焼きのメニューが生まれるに至ったような経緯でもあります。

半面、地域おこしといったような面も、この山うにたこ焼きには確かにありますが、本当にこの食品メニューは大変美味しく、その上で多くの実際に食した方々からの評価もかなり高いので、本当にこうした商品スタイルは正解であるような感じがします。

たこ焼き本体の仕様としては、たこ焼き本体の具材に混ぜながらそのまま普通のたこ焼きのような感じで焼いていくもの、あるいは、普通のたこ焼きに山うにを添えて一緒に食していくスタイルの仕様、これら何れかの2つのものが多い傾向がありますが、どちらかと言えば全体的には、後者のスタイルのものの方が多い感じがします。

そして、この山うにたこ焼き自体が、福井県内での地元の名産物食品の1つとして指定をされている存在の製品になっています。そうした点でもやはり、その知名度などもかなり高いといった事情もあり、お土産品としてのお持ち帰りが可能なところもあります。

しかし、ネット通販サイトからの購入などはまだまだやはり、今からのような感じになっていますが、その美味しさのあり方自体は、実に無視出来ないところが明らかにあるので、通販スタイルでの販売はこれからされていく可能性は、十分に考えられます。

現在のところ、株式会社越前隊のところが店頭販売をされているものが有名ですが、ここ以外にも様々な店頭や食堂などでもメニューとして存在しているようなところもありますので、こうした販売スタイルはこれからも増えていく傾向は大いに有り得ます。

需要自体も、こうした山うにたこ焼きの商品化自体が年数なども浅いといった事情から、十分にあるものと考えられる余地がありますので、更なる新しいアイデアでの同たこ焼き仕様の商品が登場をしてくる可能性自体は、その美味しさのあり方からしても間違いなくあります。