1. HOME
  2. ブログ
  3. コンビニグルメと合わせても美味しい!『山うに』

コンビニグルメと合わせても美味しい!『山うに』

福井県の鯖江市で親しまれている、『山うに』という食品があります。

柚子と赤万願寺唐辛子、鷹の爪と塩を混ぜて、ウニのようにとろとろの状態に仕上げたものです。

見た目が「塩うに」に似ているため、山うにといわれているという説もあります。

山うには、どんな食材とも合わせやすいです。

料理をしない独身男性の家でも、山うにはきっと活躍するでしょう。

「カップラーメン」と山うにを合わせましょう

料理をしない男性は、コンビニでお弁当やお惣菜などを購入して食べる機会が多いと思います。

同じ味に飽きてしまった…そのよう人も多そうです。

そんな時に山うにを使って、食べ慣れた食材にアクセントを加えてみましょう。

まず、「カップラーメン」を食べる時に、山うにを薬味として使ってみましょう。

シンプルな醤油味のラーメンはもちろん、ソース味の焼きそば、担担麺などの濃いめのスープにも、山うには合います。

風味が豊かなトウガラシとして、特に七味唐辛子の代わりとして使う意識を持つと、抵抗なく山うにを使えると思います。

人気の次郎系のラーメンには、トウガラシを掛ける習慣がありますが、山うにもラーメンにぴったりくるはずです。

いつも同じカップラーメンで飽きてしまった人も、山うにを混ぜて食べる事で、全く違ったラーメンとして味わう事ができそうです。

おでんに山うにを付けて食べましょう

コンビニグルメの代表格といえば「おでん」です。おでんに薬味はつきものですよね。

和がらしや、柚子コショウが、おでんには良く合いますが、同じくらい、山うにも合います。

汁をたっぷり吸った大根のおでんの上に、美しい赤みを帯びた山うにをかけると、ちょっとした高級料理のようにも見えるはずです。

山うには練り物全般との相性もばっちりです。

そのため、はんぺん、さつま揚げ、がんもどき、つみれなど、おでんの具材のほとんどにあいます。

もちろん、おでん界で大根と人気を二分する、ゆで卵と山うにの相性もばっちりです。

スパイシーで風味豊かな山うにと、濃厚なゆで卵の黄身、おでんの出汁のコレボレーションが、口の中で「香りの三重奏」を奏でるでしょう。

そばとの相性もばっちり!

コンビニには、ざるそばや、とろろそば、などの冷たいおそばも売っています。

シンプルな冷たいそばの薬味として、山うにを使ってみましょう。

シンプルすぎる王道的な山うにの使い方ですが、その素晴らしさを理解するのにいちばん適しているかもしれません。

何度でも味わいたくなる、癖になる食べ方かもしれません。

もちろん温かい蕎麦との相性もバッチリです。

カップラーメンよりもおそば派という人に、おすすめします。