1. HOME
  2. ブログ
  3. タバスコのように『山うに』を楽しみましょう

タバスコのように『山うに』を楽しみましょう

柚子と赤万願寺唐辛子、鷹の爪と塩を、すり鉢でじっくりと練り込んだ食品があります。

『山うに』という、福井県の特産品です。

シンプルな製法と、素材の明快さが、ヘルシー志向で意識の高い世代にも受けています。

注目を集める山うにの、美味しい使用方法について紹介します。

パスタとの相性が良いです!

山うにの製法と素材を知ると、「香りが豊かで辛味を楽しめる食品」である事が想像できると思います。

じっくりと人の手で練られて作られた商品ですので、見た目の美しさも魅力のひとつです。

名前の通り「うに」のような可愛いビジュアルなので、インスタ映えも期待できます。

山うにを購入したものの、使用方法が分からないという人は、山うにを「タバスコ」の一種だと思って使用してみましょう。

例えば「パスタ」に山うにを添えて食べてみましょう。

タバスコを掛けて楽しむ、ナポリタンやミートソースなど、トマトソース系のパスタと、山うに愛称は抜群です。

また和風のキノコパスタなどとの相性も良いです。

またジェノベーゼのような、野菜の風味が活かされたパスタと合わせると、バジルなどの香味野菜と、山うにの柚子の香りがコラボして新しい風味を楽しむ事ができます。

そのパスタがいちばん山うにとの相性が良いか、確かめてみるのも楽しそうです。

ピザとももちろん合います!

山うにをタバスコの一種だと考えると、使用する幅が一気に広がると思います。

「ピザ」に山うにを添えて食べると、ピザをより一層美味しく食べられます。

ピザに掛かったチーズの香ばしく濃厚な味に負けない風味が、山うににはあります。

タバスコや、トウガラシのフレークよりも、山うにの方が美味しいと思う人もいるでしょう。

ピザに山うにを掛ける時は、ティースプーンなどですくって、軽く伸ばすようにすると、山うにの量が多すぎずに食べやすいでしょう。

ピザだけでなく、ピザトーストや、ハンバーガーのパティにつけても、山うにが素材の美味しさをより引き出してくれます。

グラタンやドリアにも相性抜群です

その他にも、山うにをタバスコとして楽しみたい料理はたくさんあります。

クリームソースのグラタンやドリアに、ピリ辛の風味を加えたい時に、山うにを使ってみてください。

タバスコやトウガラシのフレークとは一味違う、豊かな味になるはずです。

特にドリアの濃厚なチーズ味のごはんと、山うにの相性は抜群です。

最後まで美味しく食べる事ができるでしょう。

同様に「チーズリゾット」と山うにの組み合わせもおすすめします。