1. HOME
  2. ブログ
  3. ローソンが山うにとコラボ! おにぎりなど新商品を発売

ローソンが山うにとコラボ! おにぎりなど新商品を発売

中部地方ローソンで山うに商品を発売

大手コンビニチェーンのローソンが、2018年1月23日より中部地方のローソン約1500店舗で、福井県鯖江市の特産品である「山うに」を使用した商品を発売しています。その商品は、山うにとシーチキンマヨネーズを組み合わせたおにぎりと、チキンポテトや豚しゃぶに山うにを組み合わせたサンドイッチの2商品となります。

これらの商品は、地元の鯖江市役所JK課とローソンが共同開発したもので、JKとは女子高生の事なので、若い女性の意見を積極的に採用した意欲商品となります。価格はおにぎりが税込み135円、サンドイッチは税込み298円となります。おにぎりの方は、想像以上に山うにがたっぷり入っているので満足度も高いでしょうし、サンドイッチはチキンサラダや豚しゅぶに山うにを組み合わせた、アイディアやセンスが光る女子高生ならではの商品となります。

ローソンは、地元の食材を積極的に採用した商品を販売する事で、地域貢献に協力をしているスタンスの企業です。それだけに、他のコンビニでは考えられない、女子高生の意見を取り入れた山うに商品の開発に乗り出したのです。

ローソンの山うに商品の評判

中部地方では山うには、人気が大変高い地元の特産品という事もあり、ツイッターやインスタグラムなどのSNSでも、発売当初は話題になりました。女子高生が開発した事で、その目新しさも話題を獲得した理由の一つとなります。

ローソンの山うにを使った過去のコラボ商品!

ローソンは積極的に鯖江市の山うにを採用し、過去には2017年にも共同で商品を開発した経緯があります。その時は山うにを使った伝統的なお茶漬けで、今回と同様に中部地方のローソン約1500店で限定発売されました。山うに茶漬けが予想以上にヒットした事もあり、第二弾は鯖江市役所JK課と商品開発する運びとなりました。第二弾のおにぎり&サンドイッチも好評だったようなので、次回の第三弾にも当然期待が高まってしまいます。

ローソンの山うに商品についてのまとめ

お茶漬け、おにぎり、サンドイッチと続いたので、次はどのような山うにを使った商品が発売されるのか、否が応にも期待が高まったしまいます。また、ローソン以外に目を向けると、山うにを使ったコラボ商品はとても多く、山うにたこやき・山うにアイスなども特産品として人気が高まっています。ローソンとしては、今後も鯖江市の山うにを使った商品を開発続けますが、他の会社などが既に特産品とした物は使えないので、年々ハードルも高くなります。それだけに、今度はどんな山うに商品なのかと期待をしてしまいます。

参考サイト一覧

https://www.lawson.co.jp/company/news/detail/1320496_2504.html

http://www.hokurikushinkansen-navi.jp/pc/news/article.php?id=NEWS0000012348