1. HOME
  2. ブログ
  3. 人口が増え続ける街、鯖江市の魅力について

人口が増え続ける街、鯖江市の魅力について

鯖江市という地域を知っていますか?実は日本一幸福な県と言われている福井県の中にあります。では、どんな地域なのか紹介したいと思います。

●鯖江市は唯一人口が増加している?

福井県全体では平成12年から連続して人口が減少しているのですが、鯖江市は県内で唯一人口が増加しているといわれています。何故、人口が増加しているのかというと、魅力がたくさんあるからです。その魅力は産業がすごいといわれていますね。市のキャッチコピーが「めがねのまちさばえ」といわれるくらい眼鏡の聖地と言われています。日本で作られた眼鏡枠の95%を生産する福井県、その中心地である鯖江市なのでめがねの生産が特にすごいです。他にも漆器や繊維産業も盛んなので、人がたくさん集まってくるのでしょう。他にもITのまちとしても有名ですね。そして、行政が進んでおり、女性高校生視点によるまちづくりプロジェクト鯖江市役所JK課の設置など地域化に向けた新たな自治体モデルを模索しています。そして、現役の女子高生がゴミ拾いやアプリ開発、市民地元との交流など鯖江市で様々な活動をしているので、若者を中心とした活動が人口を増やす理由になっているのでしょう。さらに、男子高校生や大学生等の若者が中心となった鯖江市民主役条例推進委員会若者部会の中に「SAN」というチームが結成されて、若者の居場所と出番を創出するまちづくりイベント自らが企画して実施しています。このような取り組みがあるのが人口が増加している理由なのでしょう。そして、特に地元での就職や企業や定住を押し付ける事もないので、気軽に住んでみて市の職員や地域の市民、団体などと自由に関わりなが田舎のまちを体験してもらえることを目指しています。

●観光スポットも多い

そして、住むためには見所も大切ですよね。意外と見所も多く、つつじまつりなどもあり、日本歴史公園100選に選ばれている西山公園などもあるので、楽しむ場所もたくさんあります。また、一度は食べたい絶品グルメなどもあるので食事が美味しいのは住んでいて嬉しいポイントですよね。見所や美味しい食べ物もたくさんあるので一度フラっと行って見てすみたくなる場合もあるのでしょう。魅力がたくさんつまった街だからこそ、住む人が増えて人口も増えるのでしょうね。

このように、鯖江市の魅力について紹介しました。地方の方はどんどん人口が少なくなっているのに、増え続けるのはすごいことですね。それだけの魅力があるので興味がある人は一度言ってみる事をおすすめします。