1. HOME
  2. ブログ
  3. 山うにって何?山うに料理や効果について

山うにって何?山うに料理や効果について

<山うにとは?>

山うには福井県の郷土料理の1つです。うにという名称になっていますがうにではありません。

柚子と唐辛子と塩で作られている薬味のことを山うにと呼んでいます。

山うには山で採れる美味しい食材を使って作られるので山うにと呼ばれています。

さらにもう1つ福井県で親しまれている塩うにといううにの加工食品に似せて作られている点から

山うにと呼ばれるようになったという説もあります。

唐辛子は福耳唐辛子というものが使われます。柚子は種を取って丁寧にすりおろされます。

山うにはすべて手作業で作られているのでとても時間をかけて作られています。

<山うにの様々な利用方法>

山うにはどのような料理に使われているのでしょうか。薬味として使われていますので

お鍋料理に添える、おでんに添える、お肉料理の付け合わせにも使われたりします。

とろろ丼の上に山うにをのせたメニューはとても美味しいと好評です。

わさびの代わりに使われることが多いようです。

そして意外なのが、スイーツにも山うにを使用したものがあるという事です。

味のイメージは柚子と唐辛子なので辛そうですよね。スイーツに合うのかなと思ってしまいますが、

おまんじゅうやアイス、チョコレートなどで商品化されています。

<山うにの健康効果>

山うにに使われている食材から栄養価について考えてみましょう。

まず柚子ですが、柚子はビタミンCを豊富に含んでいます。特に皮には沢山のビタミンCが含まれていますので皮もすりおろして使われている山うににもビタミンCは含まれています。

さらにクエン酸が多く、疲労回復効果も期待できます。

運動後に山うにをトッピングしたどんぶりを食べるのは良いかもしれませんね。

柚子は風邪予防にも良いとされていますので、風邪がはやる季節には山うにを食べると

風邪をひきにくいかもしれません。

唐辛子は、ダイエット効果が期待できるのは皆さんもご存じですよね。

カプサイシンが含まれていて脂肪を燃焼してくれます。

また美肌効果や薄毛対策にも唐辛子は有効と言われています。代謝を高めてくれるので

お肌の生まれ変わりや頭皮環境を整えてくれるのです。代謝を高めてくれる効果は冷え性の改善にも

役立ちます。冬の鍋には山うにを薬味に使いたいですね。

ビタミンAやビタミンEも豊富に含まれていますので紫外線が多くなる時期のお肌の老化対策にも

役立ってくれるでしょう。

少量でこれらの効果が期待できるので、山うにを薬味として使用するだけで十分な効果を

期待できそうです。

参考URL:http://www.fcaj.or.jp/tokuhain/?p=5217