1. HOME
  2. ブログ
  3. 山うには料理方法がいっぱい!いろいろな料理で楽しもう

山うには料理方法がいっぱい!いろいろな料理で楽しもう

山うには、いろいろな素材が含まれている薬味として利用されることが多いです。

そして、たくさんの人に親しまれています。

それが評判となり、商品化されたものもたくさんあります。

お土産として買って帰ると、本当にいろいろな料理として活用出来ると感じることができます。

ここでは、そんな山うにの活用方法についてご紹介します。

それを知って、お土産品などを活用して見てくださいね。

そのまま薬味として使う

山うにの一番の使い方としては、なんといっても薬味として使うことなのです。

柚、鷹の爪、ししとう、塩が含まれているのでアクセントのある料理にすることができます。

一番使われているのは、鍋の薬味として使うことですね。ぴりっと刺激のある味が、鍋料理を一層美味しくしてくれます。

好みに合わせてその量を調節して入れることが出来るので、とてもいいですね。

また、季節の野菜と和物を作る時に、ちょっと加えると風味を増すことができ増す。

癖の強い野菜でも、その山うにの味が強いのでとても美味しく作ることができます。

刺身を食べる時も、ちょっと入れるとぴりっとした刺激が食欲をそそります。

そんな風にして、味のちょっとしたアクセントとして使うことが多いです。

肉料理の味付けで使う

肉を料理する時には、いつも同じ味だと面白くありません。

たまには、違った味で楽しみたいと思います。

そんな時には、味付けとして山うにを使いましょう。

料理で下味として使うこともできるし、その後に肉につけて食べることもできます。

これをつけると、肉が苦手という人も食べることができることも。

それは、山うにが肉の臭みを摂ることができるからなんです。

元気を出したい時に、肉料理と山うにで疲れを取りましょう。

マヨネーズと相性がよい

マヨネーズと山うにを混ぜることにより、とても美味しく食べることが出来ます。

その一つに、サンドウィッチに塗るマヨネーズに使うのです。

ピリっとした刺激で、ますますパンが美味しくなります。

また、野菜を食べる時のドレッシングとしても使うことができます。

ドレッシングは、サラダ油、山うに、胡椒だけでとても美味しい味にすることができます。

野菜との相性がいいので、野菜不足の人はそんな風にドレッシングをかけてどんどん食べましょう。

そのままマヨネーズと山うにのドレッシングにしたものでも、とてもマイルドな味になり美味しいです。

山うには、いろいろな料理の味の引き締め役として使うことができる、とても便利な調味料として使うことができます。