1. HOME
  2. ブログ
  3. 山うにを食べて健康的な体に

山うにを食べて健康的な体に

山うにの栄養素とは

山うにはゆずを主とした福井県鯖江市の伝統的な薬味で唐辛子と塩をまぜ合わせて作ります。柚子胡椒の赤唐辛子バージョンと思ってもらって結構です。山うにの栄養素は主に柚子から抽出されるビタミンBであり、唐辛子に含まれているビタミンCやカロテンが豊富でありがん予防の効果があります。山うには唐辛子を配合させることにより、食欲不振や消化の促進を手助けします。山うにはミネラルも豊富に入っているのでビタミンやたんぱく質、資質など人間が生きていくうえで重要となる栄養の吸収を助ける効果もあります。山うには薬味ですので他の料理とあわせることにより更なる栄養の吸収率の効果を上げる効果や血圧を下げると言った効能が期待できます。

山うにが使える料理

山うにを使った料理は色々ありますが誰でも簡単に作る料理をこれから紹介します。まず、山うにを使用したたこ焼きがあります。山うにはあくまでもたこ焼きの横において乗せて食べる脇役のような物でこの山うにをこ焼きにつけながらを食べます。ピリッとした唐辛子と柚子の風味が食欲をそそるのとたこ焼きのソースとあいまって愛称の良い料理といえます。他には山うにのとろろかけご飯ご飯なども有名な郷土料理です。この食べ方はとろろの消化を助ける薬味として山うにを使用している点であり、とろろにパンチを持たせることにより食欲を奮い立たせることができます。他にもうどんの薬味として七味の代わりに入れることで柚子の香りと風味、唐辛子のパンチの効いた味を楽しむことの出来る薬味としても使用できます。

山うには柚子を主原料にして作られており大変ビタミンが多い薬味となります。柚子にはビタミンBやビタミンCが豊富に入っており女性の美容にも効果が期待できます。また、唐辛子と合わせる事により唐辛子にも入っているビタミンCやカロテンの効果によりがんの予防効果を期待されています。また、唐辛子には食欲不振を改善させ、消化を手助けする効果があります。山うにを使用した料理にはいくつかの種類があり、山うにを薬味として使用したとろろかけご飯などは福井県鯖江市の郷土料理として古くから親しまれています。他にも鯖江市の郷土料理としてお年寄りたちや若い人達はうどんに使用してみたり、卵焼きなどにも薬味として山うには使用されています。このように、山うには古くから福井県鯖江市の人達に古くから親しまれている薬味であることが伺えます。

参考サイト

https://dearfukui.jp/gourmet/814