1. HOME
  2. ブログ
  3. 現在、福井県と熊本県の両県で作られている「山うに」

現在、福井県と熊本県の両県で作られている「山うに」

北陸西部地方の福井県内と、九州南部地方の熊本県内の、それぞれ山岳部にある地域で作られている「山うに」ですが、元々のルーツ自体はあの、源平合戦で敗れた平家関係者の方々がそれらの各地へ落ち延びた際に、当時その製造法を地元の人々に伝えてそれ以来、現在までに至るというような形になります。

名前自体は山岳部地域で作られている産物でありながら、山うにという呼び方になっていますが、こうした奇抜な名前という面でも、やはりこの製品に関心を持たれたりする方も少なくはありません。

基本的な製造仕様としては、濃い目の豆乳で本体である豆腐部分が作られており、その上、豆腐の味付けである秘伝とされた味噌なども、本当にどの国内料理にも無い、独特の製法からなっています。

福井県鯖江市、熊本県川辺郡五木村、それぞれの両土地において大変険しい上に、厳しい気候環境を生き抜いていくために、平家の落人の方々によって開発をされた、保存食の1つとしての豆腐製品がまさに、この山ウニにあたります。

実際にもこの製品を両方の地域にある生産・販売事業者から取り寄せて食べてみられた方からの感想の話になりますが、本当にまるで、あの海産物の1つでもある海の『ウニ』に近い、あるいはそれとほぼ同じというような食感があるといったコメントなども、やはり少なくはありません。

このような独特な、海のウニを思わせるような味覚の印象を与える食する本人の方へ与えるところがまさに、山うにという呼称がある特徴と言えます。

福井県産のものは、ゆずの香りや赤なんばとタカノツメからなる辛味が中心となっており、一方、熊本県産のものは、もろみみその程よい辛さがマッチしている仕様になっています。

本当に両者のもの共々、そのままの状態で食したり出来るところはもちろんの事、ご飯のおかずや漬物、おしんこ、みそ汁やお吸い物の具、うどんやお蕎麦の具、その他、幾つかの料理の添え物や具材などとしても利用が可能な仕様になっていますので、本当にありがたい食品製品と言えます。

そしてなんといっても、この製品の良さといったものはやはり、両者共に過酷な山岳部で製造をされている事情もあって、そうした場所で保存面での耐久性が高い大豆類が使用されており、ある一定からなる長期間の保存・保管などの管理がしやすいといった、大きなメリットがあるところが挙げられます。

そのため傷みにくさの面での耐久性が非常にある製品でもありますので、そうした面でも平家の落人の方である創始者以来の伝統がやはり、こうした形で受け継がれている、美味しさとを兼ね備えた人気の名産物でもあります。