1. HOME
  2. ブログ
  3. 福井県鯖江市の豆知識

福井県鯖江市の豆知識

鯖江市は、山うにという郷土料理・郷土調味料で有名ですが、眼鏡のフレームを製造しているシェアでも有名です。めがねのまちとしてのアピールが強く、伝統的な街並みの中にも、先進の技術を取り入れる街としての名声の高いところです。

伝統的には古くからある街で、工業化された仕事の多いことで有名です。

めがねのフレーム製作ということで、日本の中でも、珍しい地域と言えます。鯖江市というネーミングで、海岸付近が近いからという意味にとらえられるかもしれませんが、これは、先史の重要な人物の鯖江氏から、来ています。古来より手工芸に優れるという点があり、伝統工芸の意匠を受け継ぐ街でもあります。

鯖江市では、レッサーパンダの飼育で有名な動物園があり、全国でもめずらしい数の動物がいます。

鯖江市には、京都で新幹線から乗り換える路線があり、乗り継いで、到達することができます。

鯖江市の山うにに関することでも、実は、海の産物としてのうにの練り物が、鯖江の山中に入ってきた行商人に自慢されたのが元だということです。つまり、山の中でもうにの練り物に負けないくらいのものがないかと言って、開発されたのが、山うにです。うにの素材は使用していませんが、調味料として、様々なものに使えます。

要するに鯖江市の人々は、知恵をねん出して、工業製品や、手工芸品に携わっている、知恵ある人々の伝承の有る地域であると言えます。

伝統漆器に関しては、工業用に生産している工場があり、市民社会での展開はしていないまでも、漆器を必要とする、工業用の意味を日本に提供しています。

鯖江市の人々の仕事としても、手工芸や工場制手工業の町として、手の業と、伝統伝来の技術を駆使した、インテリジェンティヴな、街並みです。

もちろん、地方都市であるので、日本国内としては、普通の街並みの場所もありますが、つつじの名所で有名な公園があり、圧巻の本数がそろっています。つつじの季節には、その花の豊かさと、数の多さに感動して、自慢話の種となること請け合いです。

鯖江市はそれほど大きくはない、土地柄になりますが、スポーツでも有名なことがあり、出身している芸能の方も多い地域です。先祖伝来の鯖江氏の大名町であったので、その継承の響く地域であることが言えます。

鯖江市には、有名な眼鏡のネオンサインがありますが、実際は、それほどかっこよくないので、ちょっとした知名度をあげるための、チープな戦略が見え隠れして面白いでしょう。