1. HOME
  2. ブログ
  3. 豆腐料理や焼き魚にぴったり!『山うに』を楽しむ方法

豆腐料理や焼き魚にぴったり!『山うに』を楽しむ方法

メガネのフレームの生産地としても知られる、福井県鯖江市で愛される食品が『山うに』です。

原材料は柚子と地元特産の「赤万願寺唐辛子」、鷹の爪と塩と、いたってシンプルです。

柚子をフードプロセッサーにかけた後、すり鉢を使って、ひたすら練り込んで作ります。

薬味として使うととっても美味しい、山うにの使用方法を紹介します。

 

まずは豆腐で山うにの魅力を感じましょう

山うにの風味を味わうために、ぴったりの食材が「豆腐」です。

比較的たんぱくな味の豆腐は、薬味の美味しさを味わうのに適しているからです。

冷奴に、山うにを小さじ一杯ほど乗せるだけで、複雑で立体的な味わいになります。

ネギと、生姜のすりおろし、かつお節の組み合わせも美味しいですが、山うにも負けないくらい美味しいので、試してみてください。

また、山うにをビンから出して乗せるだけですので、ネギを刻んだり生姜をすりおろす手間もなく、料理の時短にもなります

さらに山うには、豆腐料理全般に合います。

豆腐ステーキや、豆腐チャンプルー、麻婆豆腐に山うにを添えて食べても、とても美味しいです。

もちろんシンプルな味わいが魅力の、湯豆腐の薬味としても最高です。

 

鍋全般に合います!

湯豆腐の薬味に山うにを使って「美味しい!」と感じた人は、鍋料理の薬味として山うにを使ってみましょう。

特に昆布やかつお節で出汁を取った、シンプルな味わいの鍋料理の全般の薬味として使えます。

ちゃんこ鍋や、タラちり、水炊きなどとの相性も抜群です。

鍋料理の薬味として、すでに柚子コショウを使っている人は、山うにを柚子コショウのトウガラシバージョンと考えると良いでしょう。

山うにを様々な料理に合わせやすくなるかもしれません。

 

焼き魚にもぴったりです

山うには、焼き魚を食べる時の薬味としても、おすすめできます。

原材料の柚子は、言うまでもなくかんきつ類のひとつです。

サンマやサバ、ブリなどの焼き魚には、カボスやスダチなどのかんきつ類が良く合いますが、山うにの柚子の風味も良く合います。

焼いたサンマに、大根おろしとスダチ、醤油をかけて食べるのが好きな人は、醤油と山うにの組み合わせや、山うにのみで食べてみる事をおすすめします。

旬の脂が乗りきった魚を焼き魚にすると、脂が少ししつこ過ぎると感じる事があると思いますが、山うにと一緒に食べる事で、口の中がさわやかになり食べやすくなります。

魚独特の青臭さが気にならなくなり、食べやすくなるでしょう。